• x


IBF世界王者の岩佐亮佑がV1戦。長谷川穂積氏からの王者心得を胸に。


IBF世界王者の岩佐亮佑がV1戦。長谷川穂積氏からの王者心得を胸に。

2018年01月05日

プロボクシングのダブル世界タイトル戦が3月1日に両国国技館で行われることが5日、都内のホテルで発表され、セミファイナルでIBF世界スーパーバンタム級王者の岩佐亮佑(28、セレス)が同級13位のエルネスト・サウロン(28、フィリピン)と初防衛戦を行う。岩佐は3階級制覇の“レジェンド”長谷川穂積氏から受けたチャンピオン心得に刺激され「強い岩佐」「6回防衛」を目標に掲げた。メーンでは前WBC世界バンタム級王者、山中慎介(35、帝拳)が同級現王者のルイス・ネリ(23、メキシコ)とダイレクトリマッチを戦う。

 これも運命か。
 目標にしてきたはずの山中慎介のダイレクトリマッチのセミファイナルのリングに岩佐が立つ。
「7年前に山中さんに負け、おかげさまで(笑)長くつらい挫折を味わいました。でもあの試合があったからこそ、このベルトがある。苦しんだ分、しっかりと守っていきたい」

 2011年3月5日後楽園ホールで当時、日本バンタム級王者だった山中の初防衛戦に8戦無敗だった岩佐が挑戦。序盤にカウンターで山中をぐらつかせたものの、後半一方的な展開となり、10回、セレス小林会長がタオルを投げた。その日本タイトル史に残る名勝負は、その後、2人のボクシング人生の明暗を分けた。

 山中は、次の試合でWBCのベルトを腰に巻き、以来、6年に渡ってベルトを防衛し続けた。その間、岩佐は地道に世界挑戦のチャンスを待った。4年後の2015年6月に敵地の英国でリー・ハスキンスが持つIBF世界バンタム級王座に挑戦したが6回TKO負け。階級を上げて指名挑戦権を獲得し昨年9月にIBF世界スーパーバンタム級王者、小国以載(角海老宝石)に大阪で挑戦、左ストレートで複数回ダウンを奪う、圧巻の6回TKOで苦節6年目にして世界の頂点に辿り着いた。今回は山中が無冠で岩佐が王者としてのV1戦。階級も立場も違うが、「僕が早すぎず長すぎずの試合で会場を暖めて山中さんへバトンを渡したい」という。

 V1戦の相手はフィリピンのサウロン。元WBCインターナショナル・バンタム級王者で、21勝(8KO)2敗1分の戦績の右のファイタータイプの挑戦者だ。セレス小林会長曰く「フィリピンのボクサーらしく、プレスが強く、パンチもあり思い切り打ってくる。危険な相手だ」。ただ世界挑戦経験はなく、岩佐は結果と共に内容を問われる試合になるだろう。

「鬼門と言われる初防衛戦でプレッシャーは感じます。負けたくない気持ちで臨む。決してやりやすいボクサーじゃないけれど、長谷川さんからは“上手い岩佐でなく、強い岩佐を見たい”という言葉をもらった。強い岩佐を見せたいと思う」

 昨年10月下旬に岩佐は東京で3階級制覇の長谷川穂積と食事を共にする機会があった。

 その際、岩佐はベルトを持ったまま引退したレジェンドから、こんな教えを受けたという。

 「上手い岩佐ではなく、強い岩佐を見たい」

 器用に距離をとって、さばくボクシングではなく、必殺の左で積極的に攻め込むボクシングを心がけよーーの金言である。11月から週一のペースで山中を指導している中村正彦トレーナーの元、フィジカルトレーニングを取り入れるようになった。主に下半身強化を目的にしており「これまでやってこなかったけれど、パンチの安定感、強さが増したように感じる」という。
「力強く倒せる岩佐をお見せしたい。圧倒的に勝ちたい」 

 そして長谷川氏にはチャンピオン心得についても説かれた。

「負けるまでやるという考えは捨てろ。目標をしっかりと決めたほうがいい。防衛回数なのか、対戦相手なのか、そういう目的を持って戦うべき」
 何度も挫折から立ち上がってきた長谷川だからこそ実体験として伝えられる心得だった。

 岩佐は、さっそく目標を立てたという。

「まずは6回防衛。そこから統一とか大きな試合に挑みたい。田口良一も7度目の防衛で統一戦だったでしょう。あのイメージで、今後、防衛を重ねていきたい」

 年に3試合のペースで防衛戦を行うことができれば2年で目標であるV6はクリアできることになる。
 
 岩佐はチャンピオンになった“ご褒美”にスポンサーからプレゼントされたフェラーリが有名になったが、「今回はご褒美がありません」と、周囲を爆笑に包んだ。
 その高級外車で、一度、祖母を乗せて福島県までドライブをしたが「外国人仕様なのでシートが固いし腰も痛くて」。現在は車庫に眠っていて「眺めて楽しんでいる」という。

 すでに奄美大島での走りこみキャンプも終え初防衛戦へ臨戦体制を整えている。
 
 

 
  


関連記事

もっと見る
セブンネットショッピング

週間トピックス

ランキング