• x


【最新移籍動向】ペドロ・ジュニオールが鹿島、平山相太が仙台へ。神戸はG大阪から大森晃太郎を獲得


【最新移籍動向】ペドロ・ジュニオールが鹿島、平山相太が仙台へ。神戸はG大阪から大森晃太郎を獲得

2016年12月27日

 神戸が27日、FWペドロ・ジュニオールが鹿島へ移籍すると発表した。P・ジュニオールは今季29試合で11ゴール。19点を挙げて得点王に輝いたレアンドロと2トップを組み、第2ステージ2位と躍進したチームを支えた。
 
 2014年から3年間在籍したクラブを離れるにあたって本人は、神戸広報をとおして「今日は人生においてもっとも難しい決断をした」とコメント。「神戸に来た日から今日までの3年間、多くの喜びに満ちた日々を過ごすことが出来ました」と感謝の意を示した。
 
 P・ジュニオールがクラブを去る一方、神戸はG大阪からMF大森晃太郎を獲得している。

 大森はジュニアユース時代からG大阪でプレーする生え抜きで、下部組織時代を含めて今季で在籍12年目。それだけに愛着のあるクラブを去るのは大きな決断だったが、「ガンバアカデミー出身として恥ずかしくないプレーができるようこれからも頑張ります」と新天地での意気込みを語った。
 
 また、仙台がFC東京の平山相太を完全移籍で獲得したと発表した。平山は、仙台とFC東京の公式HP上で、次のようにコメントしている。
 
◆仙台公式HP
「ベガルタ仙台のファン・サポーターの方々に認めていただけるよう日々努力し、成長したいと思います。ベガルタゴールドに染まったユアテックスタジアム仙台が歓喜に包まれるようなゴールを狙い続けていきます。応援よろしくお願いします」
 
◆FC東京公式HP
「FC東京には11年在籍させていただき、感謝しています。クラブにも自分にもその間にたくさんの出来事があり忘れられない思い出となっています。また、FC東京でのサッカー選手生活を通じて人としても成長出来たと思っています。このクラブで出会った方々、そしてFC東京のファン・サポーターの方々、みんながファミリーだと感じています。所属するチームは変わりますが、これからも引き続き応援していただければ自分の力になるので、ぜひ応援をよろしくお願いいたします。11年間本当にありがとうございました」
 
 その他の移籍動向は以下のとおり。
 
●札幌
【IN】
FW 金園英学(28歳)←仙台
MF キム・ミンテ(23歳)←仙台
MF チャナティップ・ソングラシン(23歳)←ムアントン・U(タイ)※2017年7月1日からの仮契約
DF 濱 大耀(18歳)←札幌U-18 ※新人
【OUT】
MF 上里一将(30歳)→熊本
MF イルファン(28歳)→未定
MF 堀米悠斗(22歳)→新潟
MF 神田夢実(22歳)→愛媛
MF 前 貴之(23歳)→山口
DF 櫛引一紀(23歳)→名古屋
DF 内山裕貴(21歳)→未定

●仙台
【IN】
FW 平山相太(31歳)←FC東京
DF 増嶋竜也(31歳)←柏 ※レンタル
DF 永戸勝也(21歳)←法政大 ※新人
GK シュミット・ダニエル(24歳)←松本 ※レンタル復帰
【OUT】
FW ウイルソン(31歳)→甲府
FW 金園英学(28歳)→札幌
MF キム・ミンテ(23歳)→札幌
MF 水野晃樹(31歳)→未定
DF 渡部博文(29歳)→神戸

●鹿島
【IN】
FW ペドロ・ジュニオール(29歳)←神戸
MF 安部裕葵(17歳)←瀬戸内高 ※新人
DF 小田逸稀(18歳)←東福岡高 ※新人
 【OUT】
なし

●浦和
【IN】
FW ラファエル・シルバ(24歳)←新潟
FW オナイウ阿道(21歳)←千葉
MF 長澤和輝(25歳)←千葉 ※レンタル復帰
MF 矢島慎也(22歳)←岡山 ※レンタル復帰
GK 福島春樹(23歳)←鳥取 ※レンタル復帰
【OUT】
DF 永田 充(33歳)→東京V
DF 加賀健一(33歳)→山形
GK 大谷幸輝(27歳)→新潟
 
●大宮
【IN】
MF 瀬川祐輔(22歳)←群馬
MF 山田 陸(18歳)←大宮ユース ※新人
DF 河面旺成(22歳)←明治大 ※新人 


関連記事

もっと見る

週間トピックス

ランキング