• x


上杉海斗(慶大)と加治遥(園田女大)が優勝 [インカレ室内テニス]


上杉海斗(慶大)と加治遥(園田女大)が優勝 [インカレ室内テニス]

2016年12月04日

「平成28年度 全日本学生室内テニス選手権大会(第53回)」(大阪府吹田市・江坂テニスセンター/本戦12月1~4日/室内ハードコート)は大会最終日を迎え、男女シングルスの決勝が行われた。

ダブルスは逸崎凱人/畠山成冴(慶應義塾大)と米原実令/森崎可南子(筑波大)が優勝 [インカレ室内]

 男子は第3シードの上杉海斗(慶應義塾大学3年)が第2シードの望月勇希(中央大学1年)を7-5 6-2で、トップ2シードの対戦となった女子は第1シードの加治遥(園田学園女子大学4年)が第2シードの上唯希(早稲田大学2年)を0-6 6-4 6-0で破り、それぞれ優勝を飾った。加治は女子シングルスで2連覇を達成した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス決勝】

○8上杉海斗(慶應義塾大学3年)[3] 7-5 6-2 ●16望月勇希(中央大学1年)[2]

--------------------

【女子シングルス決勝】

○1加治遥(園田学園女子大学4年)[1] 0-6 6-4 6-0 ●16上唯希(早稲田大学2年)[2]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)


関連記事

もっと見る

週間トピックス

ランキング