• x


マルセイユ酒井、「縦パス」で決勝点を演出!だが守備ではやられる(動画あり)


マルセイユ酒井、「縦パス」で決勝点を演出!だが守備ではやられる(動画あり)

2018年03月12日

リーグアン弾29節、トゥールーズ対マルセイユ戦に酒井宏樹はフル出場した。

1-1で迎えた後半33分に生まれたマルセイユの決勝点は、酒井の縦パスが起点となるものだった。

酒井のパスをスルーしたディミトリ・パイェットとコスタス・ミトログルとのワンツーのような形からゴールを奪った。これが決勝点となり、2-1でマルセイユが勝利している。

ただ、この日の酒井は当初左SBとして先発しており、前半19分には痛恨の失点を喫している(1分20秒〜)。

マルセイユが深い位置でボールを失った場面。酒井の背後にいたエンドンベ・ムベレが速いクロスに飛び込み、ゴールを陥れた。

クロスも絶妙で酒井に全ての責任があったわけではないが、背後はケアしておくべきだったか。やはり彼には右サイドが適任に思える。

今週ミッドウィークにはELアスレティック・ビルバオ戦、そして週末にはリヨンとのビッグゲームが控えている。


関連記事

もっと見る
セブンネットショッピング

週間トピックス



ランキング