• x


オカダ・カズチカ、ジェリコ下しIWGPヘビーV2! KENTAがG1参戦表明


オカダ・カズチカ、ジェリコ下しIWGPヘビーV2! KENTAがG1参戦表明

2019年06月10日

◆新日本プロレス「DOMINION6・9 in OSAKA―JO HALL」大会(9日・大阪城ホール、観衆1万1901人札止め)

 メインのIWGPヘビー級選手権で王者のオカダ・カズチカ(31)が挑戦者の米スーパースター・クリス・ジェリコ(48)のラフファイトに苦しみながらも辛勝。2度目の防衛を果たした。オカダはジェリコの必殺技・コードブレイカーを切り抜けると、ジェリコの前方回転エビ固めを押しつぶし、3カウント奪取。一瞬の返し技で白星を挙げた。

 セミファイナルのIWGPインターコンチネンタル選手権では、挑戦者の内藤哲也(36)が王者・飯伏幸太(37)を必殺のデスティーノで下し、王座を奪還。NEVER無差別級選手権試合でも挑戦者の石井智宏(43)が王者・タイチ(39)を下し、ベルトを奪って見せた。

 また、第7試合終了後、WWEで活躍したヒデオ・イタミことKENTA(38)が柴田勝頼(39)とともに登場。「G1でお会いしましょう!」と、7月開幕の新日最大のシングル最強決定戦「G1クライマックス」参戦をアピールした。

 ▽30分1本勝負

 〇ジョン・モクスリー(3分52秒 ダブルアームDDT→片エビ固め)海野翔太●

 ▽30分1本勝負

 〇鷹木信悟(11分14秒 ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め)小島聡●

 ▽タッグマッチ30分1本勝負

 〇YOSHI―HASHI、獣神サンダー・ライガー(9分39秒 緊箍児)鈴木みのる、ザック・セイバーJr.●

 ▽6人タッグマッチ30分1本勝負

 〇棚橋弘至、ジュース・ロビンソン、田口隆祐(9分48秒 変形スリングブレイド→片エビ固め)ジェイ・ホワイト、チェーズ・オーエンズ●

 ▽NEVER無差別級選手権試合60分1本勝負

 〇石井智宏(16分11秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め)タイチ●

 ※タイチが初防衛に失敗、石井が新王者に

 ▽IWGPヘビー級タッグ選手権試合60分1本勝負

 〇タマ・トンガ、タンガ・ロア(16分38秒 横入り式エビ固め)SANADA、EVIL●

 ※トンガ・ペアが3度目の防衛

 ▽IWGPジュニアヘビー級選手権試合60分1本勝負

 〇ウィル・オスプレイ(20分07秒 ストームブレイカー→片エビ固め)ドラゴン・リー●

 ※リーが2度目の防衛に失敗、オスプレイが新王者に

 ▽IWGPインターコンチネタル選手権試合60分1本勝負

 〇内藤哲也(22分06秒 デスティーノ→エビ固め)飯伏幸太●

 ※飯伏が2度目の防衛に失敗、内藤が新王者に

 ▽IWGPヘビー級選手権試合60分1本勝負

 〇オカダ・カズチカ(25分43秒 エビ固め)クリス・ジェリコ●

 ※オカダが2度目の防衛


関連記事

もっと見る
セブンネットショッピング

週間トピックス



ランキング