• x


新日本・内藤、飯伏からIC奪回!4度目対戦に前向き「いつでも挑戦表明して」


新日本・内藤、飯伏からIC奪回!4度目対戦に前向き「いつでも挑戦表明して」

2019年06月10日

 「プロレス・新日本」(9日、大阪城ホール)

 IWGPインターコンチネンタル選手権試合は挑戦者の内藤哲也が王者の飯伏幸太を破り、王座を奪回した。

 内藤がエプロンサイドでのバックドロップで飯伏の頭部をリングの角に落とすなど、両者は荒技が飛び交う大熱戦を展開。飯伏も左目の上を大きく腫らせながら、人でなしドライバー、ラストライドなどで反撃するが、最後は内藤が裏フランケンシュタイナー、グロリア、デスティーノと得意技をたたみ掛けて3カウント。試合後、内藤は白いチャンピオンベルトを手にしながら、横たわる飯伏を踏みつけて観衆を挑発した。

 IWGPヘビー級王座との同時保持を目指す内藤はインタビューで、「このベルトにどんな価値があるかよく分かってないけど、今一番欲しいベルトであったのは間違いない。また、IWGPヘビーとの同時戴冠と言う目標、近づいたとは言わないよ。振り出しに戻れたかな。このあとG1クライマックスがあるわけでしょ。そこで優勝すれば誰にも文句言われずに、IWGPヘビーの挑戦権を獲得できるんでしょ。手っ取り早いね」とアピール。

 今年3度目の対戦で初めて飯伏に勝利し、「オレは人間飯伏幸太は好きじゃないけど、レスラー飯伏公太は好きなんでね。常にオレをワクワクさせてくれる存在だから。しばらくオレとの対戦はなしって言っていたけどさ、気が変わったらいつでも挑戦表明してきてよ。オレの答えはもちろん、トランキーロ、あせんなよ」と、再度の対戦に興味を示した。


関連記事

もっと見る
セブンネットショッピング

週間トピックス



ランキング