• x


【日本代表】久保建英はなぜFKを蹴らなかった? その場面で橋本拳人にかけられた言葉とは…


【日本代表】久保建英はなぜFKを蹴らなかった? その場面で橋本拳人にかけられた言葉とは…

2019年06月09日

 2019年6月9日、日本代表がひとめぼれスタジアム宮城でエルサルバドル代表を2−0で破った一戦は、久保建英の代表デビューとしても記憶されるゲームだ。
 
 そのハイライトのひとつが、後半アディショナルタイムのFKの場面。久保とのワンツーで抜け出た中島翔哉がペナルティーエリア手前、ゴール正面で倒されてFKを得たあと、日本代表の選手が何人か集まったシーンである。
 
 キッカーは中島か? 久保か? それとも……。観衆の興味は誰が絶好の位置で取ったFKを蹴るかだった。結局、ファウルをもらった中島が蹴ったが(シュートは枠外)、もし「俺がもらっていたら」久保は自分で「蹴っていた」という。
 
 なぜ蹴らなかったと言えば、「(ファウル)をもらった人が蹴るべきかな」と思ったからだ。ただ、「(FKをもらったあとに)中島選手が足とかを痛めていたら、もしかすると…」と欲を覗かせた。
 
 ちなみに、FKの場面、久保の近くに寄っていった選手がいた。FC東京のチームメイトである橋本拳人である。久保の証言によれば、橋本には「(久保が)蹴れないかなあ〜」と声をかけられたという。久保のキックの素晴らしさを知っているだけに、橋本もそう声をかけたのだろう。
 
  蹴る意思は見せた久保。コパ・アメリカで自らFKを得るような場面があれば、その時は「キッカー久保」に期待したい。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 
 


関連記事

もっと見る
セブンネットショッピング

週間トピックス



ランキング