• x


当日計量パスの小西、井上の勝利に刺激「存在を忘れられないようにしっかり勝たないと」


当日計量パスの小西、井上の勝利に刺激「存在を忘れられないようにしっかり勝たないと」

2019年05月19日

◆プロボクシング▽IBF世界ライトフライ級(48.9キロ以下)タイトルマッチ(19日・神戸ポートピアホテル)

 昨年3月以来の世界再挑戦となる同級3位・小西伶弥(25)=真正=が19日、試合会場で当日計量に臨み、500グラムアンダーの53・0キロで一発クリアした。王者のフェリックス・アルバラード(30)=ニカラグア=も、1400グラムアンダーの52・1キロでパスした。IBFでは試合当日朝にも計量があり、増量は10ポンド(約4・54キロ)までとしている。

 初の世界タイトル奪取を目指す小西は、前日の計量後にはうどんを食べたことを明かし「今回めっちゃ食べてます。なのですごい眠気が…。でも良い感じです」と穏やかな表情。WBSS準決勝で、2回TKO勝ちと圧勝したWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=については「朝スマホで結果を見て『そうでしょうね』と。日本でしっかり同じベルトを取ります。存在を忘れられないように、しっかり勝たないと」と気合を入れ直した。


関連記事

もっと見る
セブンネットショッピング

週間トピックス



ランキング