• x


ハミルトンからのビッグな贈物、勝利に導いた天使に捧げる/F1


ハミルトンからのビッグな贈物、勝利に導いた天使に捧げる/F1

2019年05月15日

 自動車のF1世界選手権で5度の王座を獲得し、今季も12日決勝の第5戦・スペインGPで3勝目を挙げたルイス・ハミルトン(34)=英国、メルセデス。その通算76勝目となった12日の優勝に絡んで、5歳の少年との交流と、チームの太っ腹なプレゼントが大きな話題となっている。

 「この勝利をハリーにささげる。あの子からのメッセージにめちゃくちゃ刺激されたんだ」。スペインでの優勝後、ハミルトンは話した。

 あの子とはロンドン近郊のサリー州に住む5歳のハリー・ショーくん。ハリーくんはスペインGPを前に、大好きなハミルトンを応援するビデオメッセージを送っていたのだが、撮影されたのは病院のベッドの上だった。ハリーくんは難病のユーイング肉腫(骨のがんの一種)を患い、4歳だった昨年8月から闘病してきていた。

 11日の予選で調子が上がらず、同僚のバルテリ・ボッタス(29)=フィンランド=に0.6秒以上の大差を付けられて2位となったハミルトン。「(12日の)朝起きても喪失感が少し残っていて『どうしたものか』と思っていたとき、彼のメッセージを見た。心をつかまれたようで、燃え上がったんだよ」といい、ハリーくんを「魂の天使」と呼んだ。

 ハミルトンは優勝後に自身のインスタグラムを更新。ハリーくんのビデオを紹介し、次のような感謝の言葉をつづった。

 「ハリー、君は自分のメッセージがどれほど大きな意味を持ったか知らないだろう。ありがとう、君は今日、僕に刺激をくれた。君が誇りに思えるように頑張るよ。君は本当に強い少年だ。僕も君ほど強くいられたらと思うよ。君がいかに強いかを世界が知ってくれ、みんなが厳しい状況にいる君へ祈ってくれることを願う。愛しているよ、ハリー。神のご加護を。君の友人、ルイス」

 チームでは、先にハリーくんにチームキャップやハミルトンのサイン入り写真などプレゼントを送っていたが、優勝翌日の13日、はるかにビッグな贈り物を届けた。ハミルトンが12日に表彰台で受け取った優勝トロフィーそのもの、そしてメルセデスのF1マシン1台だ。

 ハリーくんは先月29日に医師から「余命1週間」と宣告を受け、最後の日々を過ごすために自宅に帰っていた。その自宅の横の私道にF1マシンが鎮座している写真は、ハリーくんの両親がインスタグラムで次のように公開した。「怒涛(どとう)の24時間でした。今日、うちにメルセデスF1の人が訪ねてきて、ハリーがルイス・ハミルトンのトロフィーを手にしたし、うちの私道にはF1マシンがあるのです!」

 ハリーくんの父、ジェームズさんは英BBCの取材に「私はルイスを(直接は)知りませんが、彼が誠実で親切で愛すべき人物だということは分かります。とても心のこもったメッセージだし、彼がハリーのために優勝したことは大きな意味があります」と感謝した。

 母のシャーロットさんは「ハリーの残り少ない人生に大きなほほ笑みをもたらしてくれました。ほほ笑みはどんどん大きくなりました。息子が喜んでいる姿を見るのは、とても特別です」と感極まった。

 ハリーくんの両親は小児がんを周知し、がんと闘う子供たちを支援するための寄付金を募るページを立ち上げている。


関連記事

もっと見る
セブンネットショッピング

週間トピックス



ランキング