• x


好調ヤクルトはバレ10打点&村上2発、DeNA神里は2冠 19年第3週投打5傑【セ編】


好調ヤクルトはバレ10打点&村上2発、DeNA神里は2冠 19年第3週投打5傑【セ編】

2019年04月15日

広島は開幕から5カード連続負け越しで最下位に低迷

 セ・リーグの第3週、リーグ4連覇を狙う広島が開幕から不振で最下位。各チームも好不調の差が徐々に出始めている。

3週目のセ・リーグ。

【セ・リーグ4/14時点での順位表】
1ヤクルト(15試10勝5敗0分 率.667-)
2DeNA(15試9勝6敗0分 率.600 差1)
3巨人(14試8勝6敗0分 率.571 差1.5)
4中日(14試7勝7敗0分 率.500 差2.5)
5阪神(15試6勝9敗0分 率.400 差4)
6広島(15試4勝11敗0分 率.267 差6)

【セ・リーグ第3週(4/8-4/14)の順位表】
1ヤクルト(6試5勝1敗0分 率.833
2DeNA(6試4勝2敗0分 率.667)
3中日(5試3勝2敗0分 率.600)
4巨人(5試2勝3敗0分 率.400)
5阪神(6試2勝4敗0分 率.333)
6広島(6試1勝5敗0分 率.167)

 ヤクルトが絶好調で首位。DeNAも一回りを終え4カード勝ち越しと好調。対照的に広島は5カード連続負け越しで、首位と早くも6ゲーム差となった。

【打者5傑】
○安打
1丸佳浩(巨)9
1神里和毅(De)9
1京田陽太(中)9
1バレンティン(ヤ)9
1青木宣親(ヤ)9
1中村悠平(ヤ)9

○本塁打
1神里和毅(De)3
1ビヤヌエバ(巨)3
3バレンティン(ヤ)2
3近本光司(神)2
3坂本勇人(巨)2
3ロペス(De)2
3山田哲人(ヤ)2
3ビシエド(中)2
3村上宗隆(ヤ)2
3岡本和真(巨)2
3ソト(De)2

○打点
1バレンティン(ヤ)10
2雄平(ヤ)8
3山田哲人(ヤ)7
3京田陽太(中)7
5ビシエド(中)6
5岡本和真(巨)6

○盗塁
1山田哲人(ヤ)1
1京田陽太(中)1
1神里和毅(De)1
1梅野隆太郎(神)1
1鈴木誠也(広)1
1近本光司(神)1
1丸佳浩(巨)1
1遠藤一星(中)1
1高橋周平(中)1
1田中広輔(広)1
1渡辺勝(中)1

○打率 規定打席以上
1丸佳浩(巨).450
2筒香嘉智(De).421
3バレンティン(ヤ).409
4加藤匠馬(中).400
5大島洋平(中).389

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1山田哲人(ヤ)7.88
2バレンティン(ヤ)7.14
3神里和毅(De)6.08
4丸佳浩(巨)5.98
5村上宗隆(ヤ)5.91

 ヤクルト勢が好調。山田は8安打2本塁打に加え9四球1盗塁。バレンティンが週間10打点。雄平も9打点。新鋭村上も打率.304、2本塁打。巨人、丸が週間首位打者。阪神、近本は規定打席未満ながら打率5割。

DeNAの浜口、今永は完封勝利の活躍、ヤクルトのマクガフは2勝1ホールド

【投手5傑】
○勝利数
1マクガフ(ヤ)2
2今永昇太(De)1
2浜口遥大(De)1
2床田寛樹(広)1
2原樹理(ヤ)1
2西勇輝(神)1
2山口俊(巨)1
2菅野智之(巨)1
2柳裕也(中)1
2井納翔一(De)1
2ロメロ(中)1
2笠原祥太郎(中)1
2寺原隼人(ヤ)1
2大貫晋一(De)1
2五十嵐亮太(ヤ)1
2桑原謙太朗(神)1

○セーブ数
1山崎康晃(De)2
2ドリス(神)1
2クック(巨)1
2鈴木博志(中)1

○ホールド数
1ハフ(ヤ)2
1梅野雄吾(ヤ)2
1パットン(De)2
 1ホールド14人

○奪三振数
1大野雄大(中)11
2今永昇太(De)9
2浜口遥大(De)9
2菅野智之(巨)9
2大瀬良大地(広)9

○防御率 (規定投球回数以上)
1今永昇太(De)0.00
1浜口遥大(De)0.00
1レグナルト(広)0.00
4床田寛樹(広)1.00
5原樹理(ヤ)1.13

○PR(PitchingRun)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回÷9で算出 リーグ防御率は4.02
1今永昇太(De)4.02
1浜口遥大(De)4.02
3床田寛樹(広)3.02
4レグナルト(広)2.68
5原樹理(ヤ)2.57

 DeNAの今永と浜口が完封勝利。広島の床田は9回自責点1。中日大野は11奪三振。救援投手では、ヤクルトのマクガフが週間2勝1ホールド。DeNAの山崎が2セーブ。(広尾晃 / Koh Hiroo)


関連記事

もっと見る
セブンネットショッピング

週間トピックス



ランキング