• x


広島 悪夢…10回に一挙12失点で3連敗 菊池涼の適時失策で決勝点 涙する鯉党も


広島 悪夢…10回に一挙12失点で3連敗 菊池涼の適時失策で決勝点 涙する鯉党も

2019年04月10日

 「広島3−15ヤクルト」(10日、マツダスタジアム)

 広島が3連敗。十回、悪夢の1イニング12失点で惨敗を喫した。07年以来、12年ぶりに開幕から4カード連続負け越しとなった。

 魔の十回だった。無死一塁から荒木の一ゴロを松山が二塁へ悪送球。ピンチを広げると、1死満塁から山田哲が放った二ゴロを名手・菊池涼がファンブル。転がったボールを拾って懸命に本塁へ送球したが間に合わず、勝ち越し点を献上した。やや二遊間寄り、バウンドの合わせにくい弾んだゴロだったが、記録は菊池涼の失策となった。続くバレンティンに適時打を浴び、3−5に。2イニング目に突入していた中崎は、ここで降板となった。

 この後、代わった中田が雄平に2点適時打、西浦に適時二塁打を浴びて3−8。球場が沈黙に包まれた。

 さらに、1死二、三塁から菊池涼が大引の二ゴロを本塁へ悪送球。名手の1イニング2適時失策という信じられない光景で、9点目を献上。中村に適時打、荒木に2点適時打を浴びて3−12となった。

 その後、2死満塁から田代が3点二塁打。十回のスコアボードに「12」が刻まれると、スタンドは異様な雰囲気となった。悲惨な光景に、涙を流すカープファンの姿もあった。

 本拠地は空席だらけとなったが、居残り声援を送るファンの姿も…。だが、ボロボロのカープに反撃する力は残っておらず、その裏の攻撃は鈴木、松山、長野が三者凡退に倒れた。

 ヤクルトは2連勝。マクガフが来日初勝利。貯金3で、巨人と並び首位に立った。


関連記事

もっと見る
セブンネットショッピング

週間トピックス



ランキング