• x


異色の“黄金世代”河本結「恩返ししたい」 準地元で巻き返し狙う


異色の“黄金世代”河本結「恩返ししたい」 準地元で巻き返し狙う

2019年03月14日

 女子ゴルフの今季第2戦、ヨコハマタイヤPRGRカップ(優勝賞金1440万円)は15日から3日間、高知県香南市の土佐CC(6228ヤード、パー72)で行われる。前週の開幕戦、ダイキン・オーキッド・レディースで予選落ちした昨シーズンのステップ・アップ・ツアーの賞金女王・河本結(20=エリエール)も三浦桃香(20=フリー)同様、第2戦での巻き返しを狙っている。

 「いい感じです。先週もスイングも体の調子もよかったんです。風だったり、ライだったり、状況判断がうまくいきませんでした。後悔がいっぱいあります。来年に対する反省点です」

 日体大に通いながら“裏街道”のステップ・アップ・ツアーで今シーズン前半戦の出場権を獲得した異色のツアープロ。実績では先を走る勝みなみ(20=明治安田生命)、新垣比菜(20=ダイキン工業)、小祝さくら(20=ニトリ)ら同じ“黄金世代”の面々とは思考方法もまた異色。実戦経験を織り込まなかったオフの過ごし方に早くも来シーズンを見据えて自ら注文を付けた。

 愛媛県松山市出身の河本にとって土佐CCは自宅から車で約2時間半の準地元。土佐CCはアマチュア時代からPRGRカップだけでなく四国女子アマチュア選手権などでも実戦経験を積んだ慣れ親しんだ舞台。「ここでは風の読み。それから球のイメージをしっかり持っていくことが大切です。アマチュア時代から応援してくださったたくさんの方々に恩返ししたい」

 ルーキーながらステップ・アップ・ツアーでは既に4勝。格上のレギュラーツアーに入っても気後れはない。


関連記事

もっと見る
セブンネットショッピング

週間トピックス



ランキング