• x


侍ジャパン・稲葉監督が中日と阪神視察、若虎・木浪に「素晴らしい打撃」


侍ジャパン・稲葉監督が中日と阪神視察、若虎・木浪に「素晴らしい打撃」

2019年02月10日

 野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督(46)が10日、沖縄県北谷町の中日キャンプ、同宜野座村の阪神キャンプを視察。いずれも今季から新監督が就任した両軍の首脳陣にあいさつし、建山投手コーチ、井端内野守備走塁コーチらとともに選手の動きを見守った。

 中日キャンプでは、2009年WBCで投手コーチをつとめた与田監督、侍ジャパンの強化副本部長を務めた伊東勤ヘッドコーチと話し込んだ。「伊東さんとは今後のジャパンの主に投手陣の話をさせていただいた」と稲葉監督。経験豊富な先輩から多くの金言を得たようだ。

 阪神キャンプでは、シート打撃を行っていた“若虎”の動きに目を奪われた。岩貞から2安打したドラフト3位ルーキーの木浪(ホンダ)については「非常にコンパクトに左投手から右中間とレフト前にうまく打っている。素晴らしい打撃をしている」と称賛。足でアピールした同1位・近本(大阪ガス)は「特長が出ていたね。どんどんスチールを仕掛けていくところを出せている」とうなった。

 3月のメキシコ戦(京セラドーム)での代表招集は現実的ではないが、未来の球界を担うフレッシュな戦力の出現に目を細めた。


関連記事

もっと見る
セブンネットショッピング

週間トピックス



ランキング