• x


豪州の36歳が9連続バーディ達成 世界記録に並ぶ


2019年02月07日

<ISPS HANDA ヴィック・オープン 初日◇7日◇13thビーチゴルフリンクス(オーストラリア)◇ビーチコース(6796yd・パー72)、クリークコース(6940ヤード・パー72)>
オーストラリアで開幕した「ISPS HANDA ヴィック・オープン」。本日7日(木)は第1ラウンドが行われているが、この日、世界記録タイとなる9連続バーディが誕生した。
石川遼はティグラウンドで渋い表情【写真】
この偉業を達成したのは、オーストラリア出身の36歳ジェームズ・ニティーズ。スタートホールの10番をバーディ発進とした二ティーズだが、14番パー4では痛恨のダブルボギーを喫する。しかし、快進撃はここから。続く15番でのバーディを皮切りに、前半を4連続バーディ締めとすると、後半1番から5番までバーディ奪取。ハーフをまたいで連続バーディ数は“9”と、怒とうの勢いでバーディを積み上げ、8アンダー「64」でフィニッシュとなった。
この9連続バーディだが、これまでの8連続を抜いて欧州ツアーでは新記録。世界の主要男子ツアーでは、2009年の米PGAツアー「RBCカナディアンオープン」でマーク・カルカベッキア(米国)がこれまで達成したのみ。89年には「全英オープン」を制した名手と世界記録を分け合うかたちとなった。
ニティーズは快挙達成について、「とても興奮しているよ。世界記録に並べたことはとてもクールだ。10連続のチャンスはあったけど、偉大な記録をマーク(・カルカベッキア)と分け合うことになって、とても良かったよ」と喜びをあらわにした。


■石川遼ら出場 「ISPS HANDA ヴィック・オープン」リーダーボード
■山口すず夏が上位奮闘 「ISPSハンダ・ヴィック・オープン」リーダーボード
■スタートティから苦い表情 石川遼は流れをつかめず2オーバー
■欧米でのルールトラブル経て異例の“明確化” R&AとUSGAが声明発表
■DJ、サウジは『M6』で勝利。1日4イーグル男のハオトン・リーを退ける


関連記事

もっと見る
セブンネットショッピング

週間トピックス



ランキング