• x


アウベス、バルサ時代の恩師ペップの下でのプレーを望む


アウベス、バルサ時代の恩師ペップの下でのプレーを望む

2019年02月06日

ブラジルメディアの『UOL』は、ダニ・アウベスとフラメンゴが2018年終わりから2019年初めにかけて話し合いを行っていたと報じている。アウベスのパリ・サンジェルマン(PSG)との契約は、6月に終わりを迎え、そのまま契約満了となるのが妥当だろう。

フラメンゴのディレクターを務めるブルーノ・スピンデルは、交渉を続けたかったものの、アウベスの決断により交渉は打ち切られている。

アウベスは、まだ母国には戻りたくないと語っており、他のリーグでの挑戦を望んでいる。特に、最も優れたリーグの一つであるプレミアリーグを視野に入れている。そして、スペイン、イタリア、フランスでプレーした今、イングランドの舞台がアウベスにとって新たなチャレンジになることは間違いない。

そして最大の理由は、バルサ時代の恩師ペップ・グアルディオラが率いるマンチェスター・シティの一員になることを夢見ていることにあり、シティでのプレーがゴールの一つになり得る。

一方で、フラメンゴにとっては、ダニ・アウベスが唯一の選択肢ではない。ラフィーニャやネイマールも同クラブの獲得候補に入っている。


関連記事

もっと見る
セブンネットショッピング

週間トピックス



ランキング